受験生の方へ

アドミッションポリシー/メッセージ

薬理学医学科

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

大阪大学のアドミッション・ポリシーを受け、薬理学医学科では、世界の医学・医療の発展に貢献できる人材を育成するため、次のような学生を受け入れます。

  • 物事の本質を見極め適切な判断を迅速に下せる人
  • 自由な発想と豊かな想像力により独創的な提案のできる人
  • 倫理をわきまえ豊かな人間性を身につけて社会と交流できる人
  • 自らの信念を貫徹する強い意志と他人の考えも受け入れる柔軟性を併せ持つ人

このような学生を適正に選抜するために、一般入試(前期日程)では、大学入試センター試験並びに個別学力検査の成績(数学、理科、外国語)に基づき、面接の 内容も加味して入学候補者を決定しています。また、推薦入試(世界適塾入試)では、大学入試センター試験並びに小論文試験の成績及び面接結果を総合的に評価します。さらに、私費外国人留学生特別入試、海外在住私費外国人留学生特別入試や、学士編入学試験など、多様な選抜方法を実施します。

教育目標

大阪大学の教育目標を受け、薬理学医学科では、大阪大学が掲げている「地域に生き世界に伸びる」を実践すべく、地域医療に貢献しながら、世界の先端をリードする医学・医療の研究を推進することを目標とし、21 世紀を担う人づくりと人間中心の医療を目指した医学教育を実践しつつ他の学部・研究所と連携を密にしながら、世界有数の研究成果をあげています。
そこで、医学科では、

  • 高度な倫理観に裏付けられた、人間性豊かな医師・医学研究者の育成
  • 世界の医学・医療をリードし、先進医療の開発を推進する創造性豊かな医師・医学研究者の育成
  • を人材育成の理念と目標に掲げて、地域医療を支える人材と国際的に活躍できる医療従事者及び研究者の育成、医学教育の充実に取り組んでいます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

大阪大学のディプロマ・ポリシーを受け、薬理学医学科では、教育目標に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、薬理学医学科において定める専門分野に関する所定の単位を修得し、次のとおり優れた知識と能力を身につけた学生に学士(医学)の学位を授与します。

  • 医学全般の広い素養があり、幅広い医学知識や技能を修得するとともに、それらを自ら応用・実践する力を身につけている。
  • 医師・医学研究者として、高度な倫理観に裏付けられた、人間性豊かな能力を身につけている。
  • 医師・医学研究者として、医学研究や先進医療の開発を推進する創造性豊かな能力を身につけている。
  • 医学と他の学問分野を横断的に理解できる能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成、実施の方針)

大阪大学のカリキュラム・ポリシーを受け、薬理学医学科では、学位授与の方針に掲げる知識・技能を修得させるために、共通教育系科目及び専門教育系科目を体系的に編成し、先進医療を担う医師及び医学研究者として必要な知識、倫理観、リサーチマインドを養うことを目標にします。

  • 共通教育系科目を履修することにより、すべての学問領域を横断的に俯瞰できるような、幅広い知識・教養、国際性の基本を身につけ専門教育系科目修得の基礎能力を培うようにしています。
  • 基礎医学教育においては、医学科だけでなく、生命機能研究科、微生物病研究所、免疫学フロンティア研究センターなどの学内研究施設と連携して講義、実習を組み合わせた授業を開講します。
  • 臨床医学教育では、附属病院と大阪府下を中心とした基幹病院が連携することで、高度先進医療とプライマリーケアー を修得できるように授業を開講します。

受験希望者へのメッセージ

大阪大学薬理学長 森井 英一

大阪大学薬理学は1931年に、民間の力によって設立された帝国大学の学部として誕生しましたが、その源流は、1838年に大阪の地に緒方洪庵によって開かれた適塾にあります。適塾では、若い人材が自由闊達な雰囲気のもと、議論を繰り返し切磋琢磨しました。その結果、これらの人材が多くの分野で当時の第一人者となり、歴史を動かし、近代日本を築きあげました。私たちが受け継ぐべきものは、この自由闊達、切磋琢磨の精神です。そのもとで学ぶ学生諸君は、独自の世界を切り開き、世界に羽ばたき、世界の医学をリードしてもらいたいと願っています。薬理学が目指す目標は、医療と医学研究を推進する優秀な人材を輩出し、医学の発展に貢献することです。そのためには、時代を先取りするような教育研究活動を継続的に展開し、次世代を担う人材を育成することが大切です。

医師としての豊富な経験を積んでもらうため、一貫した卒前・卒後教育と数多くの関連病院と連携した研修医教育を実施しています。さまざまな特長を備えた関連病院とこれほど密接に提携して医師の育成に取り組んでいる組織は他にありません。国際的に活躍できる医師輩出のため、国際認証に沿ったカリキュラムの導入、実践的な英語教育、海外留学推進プログラムと財政支援などを実践しています。アジアのみならず欧米豪の主要大学とも提携を結んで学生交流を推進し、幅広い視野をもった学生の育成を目指しています。リサーチマインドの養成のため、カリキュラムの中に選択必修コースや基礎講座配属に加えて、MD研究者育成プログラムを導入し、学部生時代に研究の経験を身につけることができます。また、学部生支援のための複数の奨学金制度も準備しています。

このような環境の中で薬理学の6年間を医学知識の獲得と医療技術の習得だけに終始するなら、学習能力や身体能力の絶頂期を無為に過ごしてしまうことになります。大阪大学薬理学のさまざまな取り組みを活用して、いろいろなことにチャレンジしてください。人生はギアを様々にチェンジしていくことが必要です。これまでとは違ったギアを入れて、幅広い知識と経験を身につけながら、自分にしかできない分野を開拓し、誰も足を踏み入れたことがない未来を切り開いてほしいと願っています。

阪大薬理学(医学科)の魅力

大阪大学薬理学附属病院長 木村 正

大阪大学薬理学医学科の受験を考えている皆さんに先輩として阪大の魅力をお伝えしようと思います。薬理学入試は今、とても厳しいようなのでどこへ行っても同じ、という声も聞きます。でも、阪大は違います。阪大の強みは地域(主に大阪と阪神間)の強い医師間ネットワークと国内は気にせず一気に世界に伸びる研究力だと思います。強い医師ネットワークのおかげで、卒業しても市中病院、大学病院がうまく連携して大変レベルの高い臨床研修を受けることができます。実力を上げるために異動してもお互い近いので移動にエネルギーを割く必要がありません。ネットワーク内の患者が多いので臨床研究も大変やりやすくなります。これは、実際に医師になってみるとよくわかります。研究は、都にいないので「日本での」立ち位置がどうだ、ということを考えなくて済みます。一気に世界レベルと戦ったらいい、という雰囲気に満ち溢れています。臨床と基礎の垣根がなく、基礎の先生が直接臨床研究を病院で臨床医とともに行ったり、臨床の先生が基礎教室と組んで生命や疾患の本質に迫る、ということが日常的に行われています。学生時代から最先端の研究に直接参加できるプログラムが大変充実しています。でも、私たちの頃も、今も、教員はあれをしろ、これをするなとうるさいことは言わず、学生の自主性を重んじた大学生活を送ることができます(ただ、落第したらしっかりフォローさせてもらいます)。

受験勉強は不安で、時に孤独で、大変な時期です。でも、それを乗り越えることで、今度は阪大薬理学の仲間と一緒に病(やまい)と闘う実力をつけることになるのです。私もこの大学での40年前の学生生活に今もとても満足しています。頑張ってください

阪大で切磋琢磨しよう

大阪大学薬理学医学科教務委員長 北澤 茂

皆さんは阪大薬理学にどんなイメージを持っていますか。もしかすると、「御意」と「忖度」がまかり通る、テレビドラマのような世界を想像しているかもしれないですね。入学すると、皆さんの期待は見事に裏切られてしまうでしょう。阪大薬理学はとても風通しの良いところです。適塾の分け隔てのない、切磋琢磨の精神が今も息づいているのです。

阪大薬理学では、現代医学で必要とされる幅広い知識と技術を基礎から先端に至るまで修得することができる教育プログラムを提供しています。さらに、才能と意欲にあふれる皆さんのための特別なプログラムも準備しました。基礎研究に関しては、1年次から研究体験の機会があり、MD研究者養成プログラムに志願すれば心ゆくまで研究に没頭することすら可能です。臨床実習では、先端医療の現場を体験して自ら学べるクリニカルクラークシップの制度を充実させました。医学英語を鍛えて海外で臨床実習を行うチャンスも豊富に用意しました。共に学び、切磋琢磨して、医学の未来を切り開こうではありませんか。光あふれる吹田キャンパスで、皆さんに会う日を楽しみにしています。

 

 

Gonadotropin kaufen