1.外部から共同研究として供与された試薬の使用については、供与者からの条件(使用制限条項)を守ること。供与試薬は供与の際に合意を受けた実験にのみ使用し、いったん供与を受けたからといって、供与者の合意の無い実験にその試薬を使用しないこと。

2.この使用制限条項がどのようなものであれ、共同研究として供与された試薬の使用によって得られたデータを公表(学会発表や論文発表のこと)する場合には、必ず試薬供与者の許可のもとにその手続きをすること。 具体的には、学会抄録、論文原稿等を予め、試薬供与者に送って許可を求めることが必要であり、その手続き無しに発表の手続きをしないこと。

3.上記の使用制限条項がどのようなものであれ、供与された試薬を当研究室外で使用をしたり、外部に供与をする希望があるときには、予め当研究室責任者に相談をして、その合意を得ること。

 共同研究においてもっとも重要なことは、共同研究の条件を守ることであり、相手に迷惑をかけないことである。

anabole steroide kaufen deutschland

Oxymetholone