大阪大学 消化器内科学 自主臨床研究

 
研究課題 非アルコール性脂肪性肝炎患者における長期予後の検討
実施期間 2019年12月31日まで
研究機関 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 国立病院機構大阪医療センター 消化器内科 大阪労災病院 消化器内科 大阪警察病院 消化器内科 大阪急性期・総合医療センター 消化器内科 NTT西日本大阪病院 市立池田病院 消化器内科 市立吹田市民病院 消化器内科 八尾市立病院 消化器内科 市立芦屋病院 消化器内科 大阪府済生会千里病院 消化器内科 
主任研究者 竹原 徹郎・大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学・教授
研究目的 非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease: NAFLD)は、組織診断あるいは画像診断で脂肪肝を認め、アルコール性肝障害など他の肝疾患を除外した病態です。NAFLDのうち、非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis: NASH)は、肝組織において特徴的な所見を呈する進行性の肝疾患で、肝硬変から肝細胞癌へ進展することもあります。さらに、わが国の肝細胞癌発症の背景肝疾患については、近年では非B非C肝炎の割合が20%と増加傾向であり、そのなかにはNASHも含まれています。しかしながら、NASHにおいては、正確な有病率や、どのような方で病気が進行するか、などについては正確に把握されていないのが現状で、NASHの患者さんにおける長期の経過について、今後明らかにする必要があります。そこで今回、NASHと診断された患者さんの治療経過や発癌・生存状況などを検討することにより、肝線維化進展度、肝発癌率、肝線維化進展および肝発癌に関与する因子を明らかにすることを目的とした研究を行います。
対象 2009年3月31日までに大阪大学消化器内科および共同研究機関で肝生検にてNASHと診断された方
研究方法 大阪大学消化器内科および共同研究機関において、電子カルテから上記対象者の情報を収集・解析します。情報収集項目:年齢、性別、身長、体重、既往歴、合併症、肝癌治療歴、併用薬、血液検査、画像所見、予後 等
利用する者の範囲 大阪大学消化器内科および共同研究機関において、大阪大学薬理学附属病院および各共同研究機関のデータを利用、解析します。
試料・情報の管理について責任を有する者の氏名または名称 大阪大学消化器内科学 山田涼子
プライバシーの保護 プライバシー確保のため、患者さんが特定できないようにデータを処理した上で研究解析を行います。また、研究結果を公表する際には、患者さん個人が特定されることはありません。ご自身のデータを使ってほしくないとお考えの場合は、2019年9月末までに下記にご連絡ください。
本研究に関する
問い合わせ先
TEL:06-6879-3621 FAX:06-6879-3629
大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 助教 山田 涼子

 

 

www.buysteroidsgroup.net/fsue-moscow-endocrine-plant.html

Cabergoline

анаполон купить