大阪大学 消化器内科学 自主臨床研究

 
研究課題 無症候性自己免疫性膵炎における膵内・外分泌機能の臨床経過の解明を目的とした多施設前向き観察研究
実施期間 2020年12月31日まで
研究機関 大阪大学、NTT西日本大阪病院、大阪労災病院、市立貝塚病院、
大阪医療センター、大阪南医療センター、大阪警察病院、
大阪国際がんセンター、JCHO大阪病院、市立東大阪医療センター、
大阪府済生会千里病院、大阪急性期・総合医療センター、関西ろうさい病院、
八尾市立病院、市立伊丹病院、市立吹田市民病院、市立池田病院、
市立豊中病院、箕面市立病院、住友病院、兵庫県立西宮病院、
大手前病院、西宮市立中央病院
主任研究者 竹原 徹郎 (大阪大学消化器内科学・教授)
研究目的 無治療で経過観察された自己免疫性膵炎において膵外分泌機能や内分泌機能が経時的に低下する可能性が報告されており、膵臓で炎症が起こることがその原因の1つと考えられています。しかしながら、自己免疫性膵炎において本当に膵機能が低下するかどうか、また経過中どのように変化するかについてはまだわかっておりません。本研究は、臨床症状を伴わない自己免疫性膵炎の患者さんを2年間経過観察し、膵内分泌機能と外分泌機能の変化や寛解・再燃の有無などの臨床経過について明らかにすることを目的としています。
対象 自己免疫性膵炎と診断され、明らかな臨床症状を認めない患者さんが本研究の対象となります。目標症例数は全体で20例、大阪大学の目標症例数は10例です。
研究方法 本研究の適格基準を満たし、除外基準に該当しないことを確認します。条件を満たしていることが確認されましたら観察開始となり、外来で6ヶ月に1回、臨床症状の問診と血液検査、膵外分泌機能検査、画像検査を行います。診療に必要な血液検査、膵外分泌機能検査(PFD試験)、画像検査(腹部造影CT(造影剤が使用できない方は単純CTや単純MRIとなります))を施行しますが、状況に応じて1-3か月ごとの経過観察や追加検査を行うこともあります。また、開始日と6ヶ月毎に採血時に余分に10ml程度頂く予定です。
利用する者の範囲 大阪大学消化器内科において、大阪大学薬理学附属病院および各関連病院の
データを利用、解析します。
試料・情報の管理について
責任を有する者の
氏名または名称
大阪大学消化器内科学 重川 稔(助教)
プライバシーの
保護
プライバシー確保のため、患者さんが特定できないようにデータを処理した上で研究解析を行います。また、研究結果を公表する際には、患者さん個人が特定されることはありません。
本研究に関する
問い合わせ先
大阪大学消化器内科学 重川 稔(助教)
連絡先電話番号:大阪大学消化器内科学(06-6879-3621)

 

 

гормон роста

www.cheapsteroids.net

Estimulantes de la hormona del crecimiento