大阪大学大学院 生命機能研究科 細胞ネットワーク講座 細胞内分子移動学グループ 医学系研究科 解剖学講座 細胞生物学教室 米田研究室 連絡先
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1-3 
Phone:06-6879-4606
FAX:06-6879-4609
ホーム 研究内容 メンバー 論文 リンク
ホーム >> 論文 >> 和文誌

和文誌

教科書・専門書
2)細胞核ダイナミクス 編集:竹安邦夫,米田悦啓 シュプリンガー・フェアラーク東京(東京) 2004年
1)医学を学ぶための生物学(改訂第2版) 編集:谷口直之,米田悦啓 南江堂(東京) 2004年
 
著書(総説)
35)核内外輸送シグナル:米田悦啓、医学書院、生体の科学 第55巻:394−395 (2004)
34)核タンパク質輸送とコレステロール代謝調節:米田悦啓、李守宰、メディカル ドゥ社、Bio Medical Quick Review Net、No. 4023 (2004)
33)結晶構造解析が解いた核蛋白質輸送因子importin βの本態:米田悦啓、李守宰、共立出版、蛋白質核酸酵素 第49巻:608−615 (2004)
32)核―細胞質間蛋白質輸送の多様性と複雑性:米田悦啓、共立出版、蛋白質核酸酵素(増刊号)「細胞における蛋白質の一生」(小椋光、遠藤斗志也、森正敬、吉田賢右:編)903−906 (2004)
31)核小体構造構築のダイナミズム:才脇卓也、米田悦啓、シュプリンガー・フェアラーク東京、「細胞核のダイナミクス」(竹安邦夫・米田悦啓:編)131−140 (2004)
30)米田悦啓:細胞生物学の実験法 編集:谷口直之,米田悦啓 「医学を学ぶための生物学(改訂第2版)」 pp464−471,南江堂(東京) (2004)
29)梶川泰,米田悦啓:感覚器系 編集:谷口直之,米田悦啓 「医学を学ぶための生物学(改訂第2版)」 pp171−182,南江堂(東京) (2004)
28)米田悦啓:細胞増殖と細胞周期 編集:谷口直之,米田悦啓 「医学を学ぶための生物学(改訂第2版)」 pp32−39,南江堂(東京) (2004)
27)檜枝美紀,米田悦啓:細胞膜の構造と機能 編集:谷口直之,米田悦啓 「医学を学ぶための生物学(改訂第2版)」 pp11−15,南江堂(東京) (2004)
26)基本的技術「赤血球ゴースト法」:金田能尚、米田悦啓、廣川書店、生物薬科学実験講座「細胞の増殖と成長因子」(井出利憲:編)
25)核−細胞質間タンパク質輸送と細胞機能:米田悦啓、羊土社、実験医学(増刊号)細胞内輸送研究の最前線:32−37 (2003)
24)核−細胞質間タンパク質輸送機構〜予想以上に複雑な〜:米田悦啓、日本生化学会、生化学:第75巻、500−505 (2003)
23)樹状突起mRNAの局在化、翻訳制御機構:松岡洋祐、米田悦啓、医学書院、生体の科学:第54巻、111−117 (2003)
22)核−細胞質間タンパク質輸送機構とシグナル伝達:米田悦啓、羊土社、実験医学(増刊号)シグナル伝達研究の新展開:169 174 (2003)
21)核膜の機能:柴田理志、米田悦啓、羊土社、分子生物学イラストレイティッド(改訂第2版)(田村隆明、山本雅:編)248−253 (2002)
20)核 細胞質間タンパク質輸送:関元敏博、米田悦啓、羊土社、わかる実験医学シリーズ/細胞内輸送がわかる(米田悦啓:編)22−30 (2002)
19)細胞の中で機能分子を目的地へ運ぶしくみ:米田悦啓、羊土社、わかる実験医学シリーズ/細胞内輸送がわかる(米田悦啓:編)12−19 (2002)
18)核小体構築のメカニズム:才脇卓也、米田悦啓、羊土社、実験医学(増刊号)ゲノム機能を担う核・染色体のダイナミクス:115−120 (2002)
17)タンパク質の蛍光標識とその細胞生物学的利用法:米田悦啓、廣川書店、細胞生物学実験法 II細胞観察法(大熊勝治:編) (2002)
16)核膜を通して核と細胞質は情報を交換する:米田悦啓、裳華房、生物の科学 遺伝 (2002)
15)細胞内蛋白質輸送と細胞機能発現:米田悦啓、ニュー・サイエンス社、細胞:第33巻、158−159 (2001)
14)核−細胞質間機能分子輸送機構:米田悦啓、自然科学社、細胞内の物質輸送メカニズム:29−40 (2000)
13)核−細胞質間分子輸送と生命現象:米田悦啓、共立出版、蛋白質核酸酵素:第45巻、2363−2366 (2000)
12)核−細胞質間蛋白質輸送の分子メカニズム:宮本洋一、米田悦啓、共立出版、蛋白質核酸酵素(増刊号)細胞核研究の最先端 核の機能構造のダイナミックスー:1860−1868 (1999)
11)核−細胞質間タンパク質輸送の分子機構:米田悦啓、医学書院、生体の科学:第50巻、531−538 (1999)
10)低分子量GTPase Ranと核−細胞質間機能分子輸送:檜枝美紀、米田悦啓、羊土社、実験医学:第17巻、2380−2385 (1999)
9)細胞核−細胞質間機能分子輸送機構:米田悦啓、ニュー・サイエンス社、細胞:第31巻、460−463 (1999)
8)importin βファミリーを介した核タンパク質輸送:名越絵美、米田悦啓、秀潤社、細胞工学:第18巻、462−468 (1999)
7)核:米田悦啓、医学書院、標準細胞生物学:178−191 (1999)
6)核タンパク質輸送の分子メカニズム:米田悦啓、シュプリンガー・フェアラーク東京、細胞内物質輸送のダイナミズム:3−14 (1999)
5)医学を学ぶための生物学:谷口直之、米田悦啓(編)、南江堂 (1998)
4)RNAの核外輸送の研究法:松岡洋祐、米田悦啓、医学書院、生体の科学:第49巻、304−308 (1998)
3)核と細胞質の対話:米田悦啓、共立出版 (1998)
2)細胞内の物質輸送:島本卓也、米田悦啓、南江堂、医科分子生物学(第3版):174−179 (1997)
1)見る対象としての生体機能分子とその可視化:弓場俊輔、米田悦啓、共立出版、蛋白質核酸酵素(増刊号)分子・細胞のバイオイメージング:915−919 (1997)
copyright (c) 2006 all rights reserved
ミーミスミエムミクミセミサ ムミオミスミー

ムミオムひーミアミセミサミクミサ ムミオミスミー

steroidi