特定講座

国際未来医療学

グローバル医療ニーズに応える革新的技術の開発とそれを支えるグローバル医療人材育成
  • グローバルヘルス研究(世界の少子高齢化・健康寿命延伸,ASEAN UNIVERSITY NETWORK-HEALTH PROMOTION NETWORKに対する取り組み)
  • 日本医療の国際展開(国際共同臨床研究推進の規制科学・データマネジメント研究)
  • 国際医療におけるインバウンド課題研究(医療通訳制度,医療保険システム等)
  • ライフデザイン・イノベーション研究(文部科学省「Society5.0実現化研究拠点支援事業」)
  • 医療通訳の認証制度に関する研究(厚生労働省「医療通訳認証の実用化に関する研究」)

国際・未来医療の推進と,グローバル医療イノベーター人材輩出に向けて

大阪大学では、平成25(2013)年文部科学省「未来医療研究人材養成拠点形成事業」での活動から、平成26(2014)年医学系研究科国際・未来医療学特定講座を設立しました。グローバル医療イノベーター人材育成をめざして、全学共通教育・薬理学教育・大学院教育と研究、診療・研究開発支援を行っています。具体的には、大阪大学薬理学附属病院にて医療を求める外国人患者や外国人医療従事者研修受入れサポートの国際診療支援(インバウンド)、オールジャパン体制でグローバル臨床試験を推進する国際共同臨床研究支援(アウトバウンド)、国際医療を担う人材育成とグローバルヘルスや健康・医療を多方面からアプローチする学際的研究(教育・研究)の三本柱で活動を進めています

クリックして拡大

薬理学附属病院では、橋渡し研究拠点として「未来医療開発部」を設置し、医薬品・医療機器・再生医療の開発、実践を進めていますが、平成25年に海外からの患者への医療提供や日本発医薬品・医療機器、医療システムの国際展開のため、「国際医療センター CGH(Center for Global Health)」を未来医療開発部内に設置し、医学系研究科国際未来医療学講座と連動して活動しています。

国際医療を進めるためには、様々な専門領域の人材が医学知識と医療の実情を理解することが求められます。たとえば、医療通訳は国際医療の幅広い展開には欠かせない業務ですが、単に言葉の通訳ではなく、患者の病状、心理的状態を理解した文化的橋渡しも必要です。国際医療の展開には、医療研究・開発を進める研究者以外にそれぞれの国や地域に精通した治験コーディネーターやデータマネジメント担当者、薬事など医療における法律分野・経済分野についての知識や経験が必要とされるなど、各分野の架け橋となる人材が求められています。

国際未来医療学講座では、薬理学生のみならず、全学部学生が受講できる新たな「健康医療イノベーション」教育プログラムを提供しています。理系・文系にこだわらず、国際医療・未来医療に必要なテーマで基礎医学と臨床を含むユニークな内容で、初心者でも興味を持って総合的に国際未来医療学を学ぶことができます。この教育プログラムを通して国際医療・未来医療を担うグローバル医療イノベーター人材が輩出され、日本のすぐれた医療による国際貢献を目指します。

steroid kaufen