公開講座

研究科主催セミナー・公開講座・セミナー

第398回 大阪大学臨床栄養研究会(CNC)

第398回 大阪大学臨床栄養研究会(CNC)
日時

令和元年6月10日(月)18:00〜

場所

大阪大学薬理学講義棟2階B講堂

テーマ

糖尿病性腎症重症化予防 ~国の情勢を踏まえた市町の取り組みと医療連携~

講師

摂津市 保健福祉部 保健福祉課 保健師 小林 まり子

概要

 我が国が世界的に長寿である理由の1つは、国民皆保険制度という医療を誰もが受けられる仕組みがあるからであり、この制度が維持していけるように、国は予防可能な疾患への保健事業の取り組みを推進しています。その1つが平成20年度から始まった特定健診、保健指導です。そして、平成30年度は新たに国策として、経済産業省などを巻き込み、すべての保険者を対象に糖尿病性腎症重症化予防を始めました。
そして、この事業の要は、患者を中心とした保険者と医療機関(かかりつけ医、専門医、薬剤師、栄養士など)との連携、ネットワークの構築になります。
 今回は、なぜ今「糖尿病性腎症重症化予防」なのか、その背景と具体的な取り組みについて、摂津市を例に紹介させていただきます。

世話人: キャンパスライフ健康支援センター 守山敏樹
E-mail: [email protected]                                                                        
次回第399回CNCは阪森亮太郎先生のお世話で、令和元年7月8日(月)に開催予定です。