公開講座

研究科主催セミナー・公開講座・セミナー

第23回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー


クリックで拡大表示します

第23回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー
日時2019年1月15日(火) 18:00〜19:00
場所最先端医療イノベーションセンター棟1F マルチメディアホール
演題「帝人ファーマ(株)の紹介」
講師中村 仁志 帝人ファーマ(株) 在宅医療開発推進部・大阪大学大学院医学系研究科 招へい教員
演題「難治性疼痛治療に対する反復経頭蓋磁気刺激療法」
講師細見 晃一 脳神経機能再生学共同研究講座 特任講師
演題「アルツハイマー型認知症に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の試み」
講師眞野 智生 脳神経機能再生学共同研究講座 特任講師
要旨

脳神経機能再生学では、反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)を簡便化し、最終的には在宅で使用していただくことを目指している。
rTMS自体は昨年9月、本邦でも、うつ病に対して米国製の機器が承認され、新しい非薬物療法として注目されている。今後、機器をエコで小型化し、取り扱いを簡便にすることで、小規模クリニックでも使用できるようになる。また在宅治療も可能にすることで、難治性疼痛、リハビリ、パーキンソン病、認知症などへの応用が広がると考えられる。
今回は、難治性疼痛とアルツハイマー型認知症への教室の取り組みを紹介したい。

座長齋藤 洋一 脳神経機能再生学共同研究講座 特任教授

※本セミナーの事前申し込みは不要です。

CoMITの定例セミナーは、センター参画各プロジェクトの研究内容の発信を目的として、約2ヵ月に1回のペースで開催しています。

お問合せ先 最先端医療イノベーションセンター事務室
TEL : 06-6210-8201
E-mail: [email protected]

оксиметолон купить

steroidi anabolizzanti online

comprar Primobolan