公開講座

研究科主催セミナー・公開講座・セミナー

市民公開シンポジウム「ゲノム社会の現在(いま)、そして未来-ゲノムデータをどう活かすか-」


クリックで拡大表示します

文部科学省新学術領域研究「ヒトゲノム研究倫理を考える会」第二部
市民公開シンポジウム「ゲノム社会の現在(いま)、そして未来-ゲノムデータをどう活かすか-」
日時2017年10月9日(月曜・祝)15時00分~17時30分
場所グランフロント大阪 北館タワーB 10階
ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム Room B05・06・07
内容

【講演1】
「ゲノム情報と遺伝統計学―ゲノム情報をどうやって解釈するか―」
岡田 随象(大阪大学大学院 医学系研究科)

【講演2】
「遺伝情報に基づく差別とは何か?―遺伝子格差社会が到来するのか?―」
瀬戸山 晃一(京都府立医科大学大学院 医学研究科)

【パネルディスカッション】
指定発言:
武藤 香織(東京大学医科学研究所)

パネリスト:
杉江 達也(文部科学省研究推進局ライフサイエンス課)
黒川 顕(国立遺伝学研究所)
岡田 随象(大阪大学大学院医学系研究科)
瀬戸山 晃一(京都府立医科大学大学院医学研究科)

座長:
吉澤 剛(大阪大学大学院医学系研究科)


 ※参加登録、詳細は以下のURLをご参照ください。

【連絡先】 加藤和人(社会医学講座・医の倫理と公共政策学分野)
  Email:  info★eth.med.osaka-u.ac.jp[★を@に変えて下さい]