NEWS & TOPICS

伝習から発信へ。大阪大学大学院医学系研究科・薬理学の最新情報。
  • トップ
  • >
  • NEWS & TOPICS
  • >
  • 第6回大阪大学健康・医療クロスイノベーションフォーラムを開催しました

第6回大阪大学健康・医療クロスイノベーションフォーラムを開催しました

 

大阪大学大学院医学系研究科および薬理学附属病院は、514日に第6回大阪大学健康・医療クロスイノベーションフォーラム~健康医療における情報利活用の課題と期待~を開催しました。

 日時
2019年514(火)13:3017:00

場所
大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催
大阪大学大学院医学系研究科・薬理学附属病院 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ

参加者
約 160 名

概要

「大阪大学 健康・医療クロスイノベーション フォーラム」は、関西から国際展開を見据えた健康・医療分野における研究開発や事業化を推進していくことを目的に、大阪大学と様々な企業間・組織がクロスイノベーションを創発することを目指して、開催しています。

第6回では「健康医療における情報活用の課題と期待」について、AI・ビッグデータ・IoT等の社会実装が進む中で大量のデータをどのようにして扱うのか、健康・医療の領域での情報の利活用とフィードバックについて先行事例を交えて議論しました。

第1部では、パーソナルデータを含めた多種多様かつ膨大なデータを健康・医療の領域でどのように流通し活用するのかについて、第2部では、大量のデータの利活用による社会保障における問題解決を目指した“まちづくり”について、話題提供と意見交換がなされました。なかでも、個々人の医療データを取り扱う「情報銀行」については、期待や課題を含めた活発な議論が行われました。

プログラム

開会挨拶
森井 英一  大阪大学 大学院医学系研究科長/ 病態病理学 教授

ディレクター挨拶
澤 芳樹  産学連携クロスイノベーションイニシアティブ代表/大学院医学系研究科 心臓血管外科学 教授

フォーラム趣旨説明
東 博暢  株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 プリンシパル

 

 <1>医療におけるパーソナルデータの利活用

座長:松村 泰志  大阪大学 大学院医学系研究科 医療情報学 教授
   中田 研  大阪大学 大学院医学系研究科 スポーツ医学 教授

講演者:
遠藤 誠之  大阪大学 大学院医学系研究科 保健学専攻 生命育成看護科学講座 教授
麻野井 英次  大阪大学 国際医工情報センター  慢性心不全総合治療学 特任教授(常勤)
竹谷 哲  医療法人竹谷クリニック 理事長(大阪心不全地域連携の会 代表幹事)
谷口 達典  株式会社リモハブ 代表取締役 CEO /大阪大学 大学院医学系研究科 循環器内科学

 

 <2>パネルディスカッション情報が拓く健康医療による”まちづくり”

座長:澤 芳樹  産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ 代表 /大学院医学系研究科 心臓血管外科学 教授
   東 博暢  株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 プリンシパル

座長講演:澤 芳樹 

パネリスト:
谷崎 勝教  株式会社三井住友銀行 専務執行役員
小林 典弘  塩野義製薬株式会社デジタルインテリジェンス部 専任次長
其道 忠久  株式会社電通 関西支社 ソリューション・デザイン局ビジネスコンサルティング部シニア・ディレクター

 

閉会の挨拶
木村 正  大阪大学薬理学附属病院長 / 大学院医学系研究科  産科学婦人科学 教授

 

 

 

 

 

 

Methandriol kaufen

Andriol kaufen

Oxymetholone