2004年

 

竹田 潤二 ≪環境・生体機能学≫ 「胚性幹細胞におけるブルーム症候群の遺伝子破壊を利用した網羅的表現型解析」


クリックで拡大表示します

2004年6月24日 発表
掲載誌 Nature 429, 896-899, 2004

胚性幹細胞におけるブルーム症候群の遺伝子破壊を利用した網羅的表現型解析

哺乳動物において表現型を指標に遺伝学的スクリーニングをする際、2倍体であることが問題になる。本研究ではブルーム症候群の遺伝子をテトラサイクリンで制御し、網羅的に両アレル変異が導入出来たので報告する。

URL

http://cheapsteroids.net/poslekursovaya-terapiya/gonadotropin/

buysteroidsgroup.net

comprar Quemadores de grasa